「総量規制」とは、年収の1/3を超える融資をしてはいけないという貸金業法の決まりです。

この総量規制は、他社も含めた合計の融資額での規制になるので、例えば、年収300万円の人が既に50万円借りている状況で新規に別の会社から借りる場合でも50万円までしか借りられません。(300万/3 = 100万円が上限)

だから、年収がゼロである専業主婦は総量規制では1円も借りることができないということになってしまいます。

では、専業主婦は絶対に借りる事が出来ないのでしょうか?でも、専業主婦でもお金を借りられたという話はよく聞きます。一体どこで借りているんでしょうか?ヤミ金でしょうか?いや、そんな危険なところで借りては絶対にいけません。

実は「総量規制対象外」のカードローンがあります。そもそも総量規制は消費者金融への規制です。だから、消費者金融ではない「銀行カードローン」に申し込めばいいのです。

ただ、総量規制対象外の銀行でも専業主婦には貸さない銀行もありますので注意してください。ここでは、専業主婦でも借りれるカードローンと分けて紹介します。

専業主婦も借りれる総量規制対象外カードローン



300万円まで収入証明書原則不要!
  • 大きな融資枠 800万円と低い金利 1.9%~14.5% が魅力!
  • おまとめ・借り換えとしても利用可能
  • 300万円以下なら収入証明書が原則不要(※1)
  • 申込+利用で楽天スーパーポイント31,000ポイント貰える
  • 最短即日融資も可能(※2)
  • 月々3,000円からの返済(※3)
  • 全国のコンビニATMが利用可
  • 口座開設不要
※1 300万以下でも審査によって収入証明書を求められることもあります。
※2 受付時間・審査状況により、当日の融資ができない場合もあります。
※3 借入残高 10万円以下の場合。


総量規制対象外のカードローン



300万円まで収入証明書原則不要!
  • 大きな融資枠 800万円と低い金利 1.9%~14.5% が魅力!
  • おまとめ・借り換えとしても利用可能
  • 300万円以下なら収入証明書が原則不要(※1)
  • 申込+利用で楽天スーパーポイント31,000ポイント貰える
  • 最短即日融資も可能(※2)
  • 月々3,000円からの返済(※3)
  • 全国のコンビニATMが利用可
  • 口座開設不要
※1 300万以下でも審査によって収入証明書を求められることもあります。
※2 受付時間・審査状況により、当日の融資ができない場合もあります。
※3 借入残高 10万円以下の場合。


他社の借入状況は黙ってれば分からない?

総量規制は他社も含めての融資額の合計が年収の1/3を超えてはいけないというものでした。

では、他社の借入状況を聞かれた時、既に他社で借りているのに「新規の借入です」と嘘をついたらどうなるでしょう?

実は他社の借入状況は必ず聞かれます。しかし、実際には聞かなくても金融機関は調べられるのです。

それが、個人信用情報機関の存在です。個人信用情報機関というのは、金融機関が情報を共有する為の仕組みで、他社での借入状況がお互いに調べる事が出来ます。だから、嘘をついても簡単にバレてしまうのです。もし嘘をついたと思われたら信用がなくなりますから、そもそも融資を断られるかもしれません。

自分は総量規制にひっかかる。でもどうしてもお金が必要だというときは、総量規制対象外の銀行カードローンに申し込むといいでしょう。

専業主婦には貸さない銀行とは

どこの銀行も専業主婦に融資をするのかというと、そうではない。いろいろと条件があったり、そもそも貸さないと決めている銀行もあります。貸すかどうかは銀行が決めることで貸さないからといって法律に触れることはありません。そこは銀行のポリシー次第です。

例えば、夫に安定した収入が必要という条件を付けているところは多いです。ただ、夫の同意書や夫の収入証明まで求められることは少ないようです。まぁ、いろいろと細かい点について、また、借りる人個々について条件も変わってくるのでまずは申し込んでみないと分からないこともあります。


このページの先頭へ