キャッシングの審査で一番注意したい在籍確認

キャッシング会社が申込者の勤務先に電話をかけるのが在籍確認です。在籍確認は申込時に記入した勤務先で本当に働いているのか確認するために行われます。

在籍確認は、申込者本人が電話に出る場合と不在の場合とで対応が変わります。前者の場合、キャッシング会社の担当者は会社名と名前を名乗り申し込みのお礼をして電話を切ります。後者の場合は、会社名を名乗りません。仮名の名前を名乗り、「また電話をかけ直す」と伝えて電話を切ります。この言葉は形式的なもので実際に再度かけ直すことはありません。

申込者本人の家族でもないかぎり、勤務先への電話で名前だけを名乗るのはかなり不自然です。嘘の社名を名乗ってほしいと思う人もいることでしょう。しかし、この要望を叶えることはできません。キャッシング会社は詐欺と疑われるような言動はしません。ただし、在籍確認の日時を指定することは可能です。少しでも同僚からの疑いを避けたい人は、本人自ら電話に出られる環境を作るといいでしょう。

在籍確認を理由とした審査落ちのケースは2つあります。ひとつは電話がつながらないケースで、もうひとつは在籍しているかどうか教えてもらえない、わからないケースです。嘘の勤務先を申告、偽装会社の利用などと疑われ、カードを作ることが困難になります。

このページの先頭へ